こめかみの白髪

こめかみの白髪染め > クリームタイプの白髪染めの特徴

クリームタイプの白髪染めの特徴

白髪染めにも色々な種類がありますが、ここではクリームタイプの白髪染めの特徴をご紹介したと思います。

クリームタイプの白髪染めは液ダレがしにくく、染めたいところにピンポイントで染められるところが特徴です。

向いているのは部分染めで、生え際の白髪や部分的に白髪が気になるところをしっかりと染めることが出来ます。

クリームタイプがよく使われているのは、全体的に白髪を染めた後、新しく伸びてきてしまった白髪を染めるときなどです。

伸びてしまった部分にだけクリームをつけていけば良いので、髪の毛にかかる負担も少なくて良いのが大きなメリットですね。

逆に自分で全体を染める時にはクリームタイプではまだらになりやすく、自分で白髪を染めるのが難しくなってきます。

全体的に白髪染めをしてあって、あとはこまめにクリームタイプで部分的に染めていけば髪の毛の傷みを最小限に抑えることが出来そうですね。

ビゲンやシエロなどのメーカーでクリームタイプの白髪染めが出されていますので、自宅で部分染めをされたいという方は試してみてはいかがでしょうか?